リフォーム費用を抑える目から鱗の方法!リフォーム前に要チェック!

台風や大雪の被害に火災保険が適用されることをご存知ですか?


 例えば台風の際に飛来物が外壁を傷つけたり、雪の重みで軒が折れ曲がってしまったりした際に、皆さんは「火災保険」の給付を受けて補修をしようと考えるでしょうか? 私はそうした軽度の自然災害も火災保険の適用を受けられることを知りませんでしたので、家屋が損傷した際も自費で補修を行ってきました。いま思えば本当は受け取れるはずだった保険金をずいぶん貰い損ねてしまいました。只々自分の無知を悔いるばかりです。

気象現象に晒される建物のイラスト

 さて、建物の所有者の8割以上が加入しているという「火災保険」ですが、火災以外にも保険が適用されるという事実を案外多くの人が知らずにいます。あるいは知っていたとしても、なるべく給付を抑制したい保険会社に対して、建物の損傷の程度を的確に評価して気象現象との関連性を証明してみせることは、素人にとっては容易なことではありません。結果、多くの人が本来は受け取れるはずの保険金を放棄している状況があります。そこに鋭く切り込んでいるのが今回ご紹介するサービスです。

 このサービスでは建物に「火災保険の適用を受けるべき損傷」があるかどうかを、まずは専門家が無償で調査してくれます。そして該当する損傷があった場合には一般加入者には困難な保険申請のサポートを行って、保険金が支給された場合にのみサービスに対しての成果報酬が発生します。建物の所有者は保険金で建物の修繕を行うか、修繕を行わない場合は保険給付額の50%を成果報酬としてサービス会社へ支払います。調査を行っても該当する損傷がなかった場合や、保険申請を行っても保険金が支給されなかった場合には依頼者の費用負担は一切ありません

 このサービスで注目すべきは、建物の所有者が気付いていない損傷箇所を見いだして、そのままであれば貰い損ねていたであろう保険金の受給を専門家がサポートしてくれるという点です。一見被害が何もないように見える家でも、築5年以上の一戸建ての約70%以上で平均80万円ほどの保険金が下りているということです。建物の点検をしてもらって、該当する損傷がなければ費用は0円ということなので、建物の所有者にとっては大変有難いサービスです。

 また「火災保険」の場合は「自動車保険」などとは違って保険金が下りた後に保険料が増額されるようなことはありませんし、給付を受けた保険金については保険契約上も法的にもその使途に制約はなく、あらゆる支出に充当することが可能です。

 もし今あなたがご自身の所有する建物のリフォームをお考えであれば、いったん立ち止まって火災保険を有意義に活用できていたか確認してみることをお薦めします。自費での修理を進めてしまってからでは手遅れですし、こうしたサービスが周知されるようになると保険会社も規約に手を加えてくるかもしれませんので、今のうちに無料で調査を受けておくのは賢い選択です。

 さらに、修繕を行う場合の副産物的なメリットとして、足場費用が節約できるという側面もあります。もともと屋根や外壁のリフォームを考えていた方であれば、火災保険の給付で行う修繕を同時に行うことで、保険適用範囲分の足場費用が節約できることになります。リフォーム費用に占める足場代は高額ですので節約効果は大きいです。

 行政によるリフォーム補助制度も、ここで述べた火災保険の応用にしても、私達はただ待っているだけでは享受できない利益を本当に粗末にしています。ぜひ積極的に動いて有益なサービスをフル活用し、快適な生活環境を手に入れてください。以下のリンクから火災保険の有効活用についてのより詳しい情報がご確認いただけます。
 ↓↓↓



 

サイトマップ