浴室リフォームの補助金について

浴室リフォームの補助金


行政が行う支援事業で、個人住宅の浴室リフォームに補助金が支給されるケースというのは、おおむねバリアフリー関連のリフォームに限定されます。バリアフリーリフォームを支援する制度としては、介護保険による住宅改修費の支給と、自治体が独自に策定している高齢者ならびに身体障害者向けのリフォーム支援制度とがあります。

浴室のイラスト画像

介護保険住宅改修


身体の状態に合わせて床段差の調節をしたり、手すりの取り付けを行ったりする改修の、材料費ならびに設計・施工費が補助の対象となります。

介護保険住宅改修を利用できるのは介護認定を受けた受給資格者に限られます。改修費用の上限が20万円で、その1割が自己負担となるので、実質的には18万円が支給限度額となります。

介護保険住宅改修は限度額の範囲内で数回に分けて利用することも可能です。また、介護保険における評価で介護度が二段階重くなった場合や、引っ越しをした場合には使用歴がリセットされ再度受給することが可能です。

高齢者ならびに身体障害者向けのリフォーム支援制度


多くの自治体では高齢者や身体障害者の方々のバリアフリーリフォームを支援する制度が設けられています。入浴は健康な生活を営むうえで欠かせない生活行為ですので、浴室のリフォームも当然対象となります。まれにそうした支援制度が策定されていない自治体も見受けられますが、大概は該当する制度がありますので、ぜひ市区町村の福祉担当課に問い合わせてみましょう。収入に応じた負担割合などもありますが、ご家庭に支援対象となる方がおられる場合はぜひ活用しましょう。

補助金を受ける浴室リフォームのまとめ


以上のような補助制度は身体の不自由を補うのに必要な改修のみが対象となりますので、例えば浴室全体をリフォームするような場合には、バリアフリーに対応する部分は見積もりを分けて支給申請を行う必要があります。ただし、通常のリフォーム工事と補助対象工事とを同時に行う場合には、どちらにしても必要な工事を補助対象工事として算出することで自費負担が軽減できる場合もあります。

また、介護保険の住宅改修費の支給が受けられる場合はそちらが優先される傾向があります。

いずれも工事前の手続きが必須で、不用意に工事依頼を行って工事着手が先行してしまうと支給を受けることが出来なくなってしまいます。その点はとくにご注意ください。

 

サイトマップ